ブログ

令和2年9月静岡市議会 補正予算

補正額、約87億9千5百万円のうち50億5千7百万円がコロナ感染症対策

予算編成のポイント:新型コロナウイルスの感染者が全国で再び増加していることを踏まえ、感染拡大防止対策、医療・福祉への支援、児童生徒への支援を強化するとともに、生活を取り戻すため、中小企業等への支援、地域経済の活性化、新しい生活様式に対応した環境整備を推進するための予算を計上

感染拡大防止対策

約1億2千800万円

【主な事業】
☆検査体制の拡充 7 千 300 万円
 〇抗原検査等に係る自己負担額を助成
 〇PCR センターの継続(R3.3.31 まで)
☆相談体制の継続 約 4 千 500 万円
 〇新型コロナなんでも相談ダイヤルの継続
 〇帰国者・接触者相談センターの継続

医療・福祉への支援

約1億4千500万円

【主な事業】
☆医療への支援 約 1 億 800 万円
 〇市立清水病院に勤務する医療従事者等への慰労金支給
☆福祉への支援 約 3 千 600 万円
 〇収入が減少した就労継続支援事業所の生産活動の再起に要する費用への助成
 〇救護施設等におけるかかり増し経費の支援等

児童生徒への支援

約2億5千200万円

【主な事業】
☆小中高等学校における学習環境の整備 約 2 億 700 万円
 〇衛生用品購入や三密回避の取組の実施
☆放課後児童クラブへの支援 4 千 500 万円
 〇衛生用品等の購入に係る経費の支援

新しい生活様式に対応した環境整備

約11億8千400万円

【主な事業】
☆情報通信環境の整備拡大 11 億 500 万円
 〇市内中山間地域で通信事業者が行う光回線の整備費用に対する助成
☆行政サービスの利便性向上 7 千 400 万円
 〇区役所窓口業務への電子申請サービス等の導入

中小企業等への支援

約25億9千万円

【主な事業】
☆円滑な資金調達への支援 17 億 7 千万円
 〇令和3~5年度までの利子補給のために創設する棋院への積立金
☆事業継続強化等への支援 3 億 3 千万円
 〇BCP に基づく設備投資等に対する助成
 〇IT 設備導入に対する助成拡充

地域経済の活性化

約7億5千600万円

【主な事業】
☆地元消費拡大の促進 6 億 2 千 200 万円
 〇モバイル決済サービスの利用者に対しポイント還元を実施
☆GoTo しずおかキャンペーン 1億円
 〇市内宿泊客に対し、飲食や土産物購入等に使えるクーポンを配布

学習用情報端末の購入

 国の ICT 教育「ギガスクール」構想を受けて市内の児童生徒に一人1台を配布する予定の学習用情報端末を31,354台購入する。採用する端末はグーグル製ノートパソコン「クロームブック」で6年間使用する予定。
10月から導入をはじめ年度中に設定を終え使用可能にする。

ギガスクール構想:1 人一台端末と、高速大容量の通信ネットワークを一体的に整備することで、特別な支援を必要とする子供を含め、多様な子どもたちを誰一人取り残すことなく資質・能力を一層確実に育成できる教育 ICT 環境を実現する構想。

PAGE TOP