「創生静岡」議会レポート

創生静岡レポート

観光施策の発信について

1月15日、中国テコンドー五輪チームが強化合宿のため来静。日本テコンドー協会の組織騒動で、急遽NPO団体からの依頼を受け「ツインメッセ」を会場に2週間滞在。「浅間木遣い保存会」の演技・餅つきで歓迎。「創生静岡」も「おもてなし」の一端を経験した。

Q. オリンピック開催に合わせ本市をどうPRするのか。

A. 大会期間中に東京有明地区に開設され、1日1万人の来場が見込まれる「ホストタウンハウス」に4日間出展。ホストタウン相手国・地域との交流について紹介するほか、「お茶」を活用したプロモーションを予定。また、大会期間中多くの海外メディアの来日が見込まれ、できる限り多くのメディアを本市に呼び込み、取材先の情報提供や取材に係る経費負担などの支援を行い、本市の魅力を世界に伝える。

PAGE TOP