4つの提言

1. 観光のメッカ静岡:「オクシズ」と「駿府歴史文化」の街。

①地域の特産品(お茶・山葵等)の販売所を東名・新東名サービスエリアに設置。市内の空き店舗に市独自のアンテナショップを開設。
②梅ヶ島・湯山・湯ノ島等の国民保養温泉郷を活用した「オクシズ」の活性化。
③「まちは劇場」プロジェクトを推進する為、大道芸・楽器演奏・ダンス・紙芝居・(6月は高校応援団フェス)等、若者の活躍の場を提供する。
④駿府城公園・浅間神社「徳川・今川縁の歴史資源」を繋ぐ街道を整備し「歴史文化施設」と連携した街並み作りに取り組む。

2. 安全・安心に暮らせる街:静岡

①自主防災会・消防団・常備消防力の充実・強化。老朽化した消防団庁舎の整備。
②中山間地域の交通手段を確保し、通院・通学・通勤への不安解消。
③災害に強い街作り。大災害の教訓を生かし、病院・公的施設新設(防災拠点)整備に当たっては、津波浸水域以外の誘致を推進する。

3. めざせ︕健康⻑寿⽇本⼀、⼦育て⽀援⽇本⼀

①住み慣れた地域で「安心子育て」を実感できる環境整備を促進する。
②高齢者見守りネットの充実「地区社会福祉協議会」活動を推進する。
③質の高い教育環境の整備を推進する。

4. IT産業の集積及び中山間地の光ファイバーの整備により企業誘致に取り組む。地場産業・地域経済に活力ある静岡

1、⽟川地区のウヰスキー⼯場を核施設とした、スポーツツーリズムの推進。
2、地域の特産物や開発された特産品を地域を超えて、静岡市の特産品として販売する「販売所」を東名・新東名サービスエリアに設置。市内の駅売店での販売を推進する。
3、梅ヶ島・湯⼭・井川・湯ノ島等静岡市の温泉地を活⽤して、「オクシズ」全域の活性化につなげていく。
4、「街は劇場」プロジェクトを推進する為、⽉ごとに⼤道芸・楽器演奏・ダンス・紙芝居等(6⽉は、応援団フェスティバル)を開催し、若者の活躍の場を提供する。
5、駿府城公園、浅間神社等「徳川家・今川家縁の歴史資源」を繋ぐ歴史観ある街道を整備し、「静岡市歴史博物館」と連携した街並み作りに取り組む。

まっすぐに、ひたむきに。

静岡市議会議員として5期21年「まっすぐに、ひたむきに」をモットーに、歴史文化・環境に配慮した街づくりに、全身全霊を傾注して努力して参りました。特に新規に立ち上げた「高等学校応援団フェスティバル」や「中東和平プロジェクト」「徳川家康公400年顕彰事業」では、行政では発想できない事業を提言・実行し、「静岡市の魅力」発信に尽力して参りました。また、地域では「地区社会福祉協議会」「自主防災会」の充実に取り組み、中山間地から街の自治に亘り、精力的に活動しております。

PAGE TOP